モネの池への電車での行き方 バスへの乗り継ぎや時刻表などご紹介

岐阜県関市にある「モネの池」への行き方を紹介しています。

 

電車とバスをつかった公共交通機関でのアクセス方法です。バスや電車の乗り継ぎや時刻表・行先など。

 

モネの池に行こうと事前リサーチされてる方は活用ください。

スポンサーリンク

モネの池へ電車での行き方

基本情報:モネの池(もねのいけ)

  • 住所:〒501-2901 岐阜県関市板取441
  • 見学:年中無休
  • 料金:無料

モネの池は、もともとは根道神社参道脇にある貯水池です。ここ数年で観光スポットになっていますが、目印になるものがないので、まずは「根道神社」を目指しましょう。

 

板取エリアは、車の方が便利なのですが、電車とバスを乗り継げば根道神社に行くことができます。ただし、乗り継ぎや待ち時間がでないようにある程度は時刻表をチェックしておくことをお勧めします。

 

モネの池の最寄り駅

モネの池へいくには、電車とバスを乗り継ぎが必須です。電車だけでは現地にはたどり着けません。

 

いくつか乗り継ぎをしますが、以下の駅からモネの池へバスが発車していますよ。

・JR東海道線 岐阜駅

・長良川鉄道 関駅

 

最寄り駅といえば「関駅」になりますが、長良川鉄道なんですよね(-ω-;) 名古屋から行くとなると電車の乗り継ぎが多く、関駅までかなり時間がかかります。

 

名古屋からモネの池を目指す場合や、名古屋駅までいったん出てからモネの池を目指す場合は、JRの岐阜駅まで一気に出るのほうが断然便利だと思います。

スポンサーリンク

モネの池への行き方 バスの乗り継ぎについて

JR岐阜駅からのバスルートを紹介しますね。バスを2つ乗り継ぎでいきます。

 

岐阜乗合バス「ほらどキウイプラザ」行きに乗車⇒終点の「ほらどキウイプラザ」で下車

⇒板取ふれあいバスに乗り換え⇒「あじさい園前」で下車後

 

JR岐阜駅に着いたら

JR岐阜駅のバスターミナル「12番乗り場」から、岐阜板取線 N83「ほらどキウイプラザ」行きに乗ってください。本数は1時間に1本あればいいほう。2時間に1本の時間帯もあるので要注意です。外部リンク⇒バス時刻表

 

乗車時間は、早ければ1時間程度でつきますよ^^ちなみに、途中、長良川鉄道の関駅を経由します。どの駅からバスに乗るかの違いだけで、バスのルートは同じです。

 

ほらどキウイプラザに着いたら

ほらどキウイプラザについたら、板取ふれあいバスに乗り換えてあじさい園前で下車。間違えようがないのですが、時刻表だけ要チェック。乗車時間は10分から15分程度です。

 

H30年10月改定 ⇒板取ふれあいバス 時刻表

 

 

★こちらもあわせて読まれています

⇒『モネの池がっかり残念だった理由 見頃や天気に気をつけるべきと後悔

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

自分で時刻表を組むのが好きな方なら、あえて長良川鉄道ルートでもいいかもしれませんね。バスは、板取温泉にも立ち寄りますので、途中下車してお昼を食べつつ電車の旅も楽しいですよ^^

 

ただ、バスの路線や本数が少ないので、上手に時刻表を組み合わせてくださいね。

 

★モネの池はバスツアーもあります★

ツアー内容によっては、近江牛や金目鯛などの絶品グルメも堪能できますよ。出発日や出発地が希望とあえばお得で便利ですので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。